2005年12月29日

ニット用ミシン針!?

キャミソールの型紙も写したし、次はニットの地直しだわ♪と思いながら、昨晩の夜中にさしかかろうという時間に2ch洋裁スレログ倉庫にある「縫って着る!洋裁スレ」を読んでいたら、ニットを縫うには専用のミシン針が存在すると書いてあって「まだ必要なものがあったんかい!?」とぶったまげました。偶然この過去ログを読んでいなかったら失敗してたかもしれません。あぶなかった。

普通に使っているミシン針だと先がとがっていてニット地を裂いてしまう恐れがあるのだそうです。ニットは編まれているので一箇所穴が開くと連鎖的に広がってしまうとか。そうならないために、先が少し丸くなっている(といっても違いは微妙らしい)ミシン針を使うと知りました。

直線縫いのミシンに必要な針はすぐに見つかりました。DB×1KNという種類の(工業用)針です。しかし問題はロックミシンの針です。私が持っているMO−345DCはシュメッツというメーカーの家庭用針を使っています(130x705H)。さて、このシュメッツの家庭用針にはニットを縫う用の製品が用意されているのでしょうか?

ミシン針って細かい種類がたくさんあって、しかもシュメッツはドイツのメーカーということで日本の規格と表記が違い最初はさっぱりわかりませんでした。結局楽天市場の孝富さんの通販ページで、130x705HはオールマイティなUNIVERSALポイントだからニットもオッケーという説明を見て、今ミシンについている針で大丈夫なんだと納得しました。

それで、直線縫いミシンで使うDB×1KNの針を買いに今日またまたオカダヤさんへ行きました。いつまでも買い納めできず日参状態です。いいかげん嫌になってきました。ここまできたらまた買いもらしがあるかもという考えも浮かび、年末年始の休みを確認しておきました。被害を最小限に抑えるために学習しています。年末年始に優雅にぬいぬいしたいだけなのに・・・うぅ(涙)

ちなみにオカダヤさんにはシュメッツの針はありませんでした。
換えの針が欲しくなったら孝富さんで通販かしら。
今度こそ買い納め、だよね?>自分
posted by pineapple crown at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング>ミシンの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。